そこここ

ゆっくりと時間の流れていく街で、博美が見つけたのは『小さな神々』だった。それは、あまりにも存在しすぎていた。